スマートフォンサイトで見る

司法書士法人リーセット 債務に関する解決実績1万件超!

当法人が運営する住宅ローン支払い相談窓口では、毎日多くの方からのご相談を頂戴しております

「住宅ローン支払い相談窓口」は、名古屋・大阪に事務所を構えます司法書士法人リーセット運営の住宅ローン問題専門の相談窓口です。
司法書士法人による相談窓口ですので、ご自宅を守る法的手続のご提案も可能となり、ご自宅について、「まず売却ありき」ではございません。 もちろん、ご自宅を処分する場合も法的にサポートさせて頂いております。

住宅ローン支払い相談は司法書士に!

 

 
 

任意売却」とは、“家を売却・処分するための手続の名称”であり、住宅ローン問題の全てを解決出来るものではなく、単なる解決方法の1つに過ぎません!
当相談窓口では、住宅ローン問題を根本から総合的に解決すべく、「任意売却」を含めた解決方法のご提案が可能となっております。また、例えば当相談窓口により任意売却となった後、自己破産を回避し、残債務を支払う場合に関しましても、当相談窓口の弁護士など法律の専門家の介入により、債権者に対し残債務支払いの「交渉」を行います。
債権者は弁護士など法律の専門家が介入することにより、「自己破産」の可能性を考えます。
実際に「自己破産」となれば債権回収不可となるため、柔軟に残債務の圧縮や支払い和解に応じて頂けるケースも多数ございます。

 

当相談窓口では、

1.離婚を検討しているが、住宅の名義が夫婦共同である。
2.財産分与で「自宅」の名義を変更したい。
3.離婚するので、自宅を処分したい。
4.離婚したが、元配偶者(夫、妻)が住宅ローンの支払いを滞納している。
5.離婚する予定だが、住宅ローンの連帯保証人になっている

等の「離婚」に伴う住宅ローン問題の解決に関しましては、弁護士・司法書士・不動産の専門家による連携したサポートが不可欠です。
上記以外にも様々なケースが想定され、その解決方法は言わば「オーダーメイド」であると言えます。
当相談窓口では、「離婚」に伴う住宅ローン問題における様々なケース、案件に対しましても、対応することが可能となっております。

 
 

当相談窓口では、

1.「自己破産」を検討しているが、デメリットを知りたい。
2.「自己破産」により、今後どのような影響があるのかを聞きたい。
3.「自己破産」以外の方法がないか、聞きたい。
4.「自己破産」の費用を詳しく聞きたい。

等の住宅ローン債務で「自己破産」を検討中で様々な疑問を抱いている方に対しまして、弁護士・司法書士から詳しく「自己破産手続」のご説明をさせて頂きます。

 

当相談窓口では、

1.住宅ローン以外にも借金があるが、自宅は失いたくない。
2.絶対に自宅は手放したくないので、個人再生手続を検討している。

等、自宅を絶対に手放したくないとお考えの方に関しまして、弁護士・司法書士から詳しく「個人再生手続」のご説明をさせて頂きます。

 
 

まずは、ご依頼者の方のお話をじっくりお伺いし、そこからいかなる点が問題であるかを判断し、過去の豊富な解決事例を基にゴールまでを想定し、最善の解決方法をご提案致します。例えば、任意売却後、自己破産という流れが検討される場合に、後々裁判所から指摘を受けないよう、そして、法的手続が滞りなく進むよう、スタートから様々な問題を検討、想定、判断しなければなりません。ご自宅を売却、処分することが目的の任意売却会社ではこのような判断は不可能です。当相談窓口は、ご自宅を処分、売却する前提でご提案は致しません。

弁護士・司法書士等の法律の専門家でも得意分野・不得意分野がございます。当相談窓口では、“債務に関する手続”、“離婚手続”の“スペシャリスト”が対応致しますので、ご安心下さい。また、実際にお話をお伺いするのも弁護士・司法書士が必ず直接対応致します。当相談窓口にはあなたを悩ます「住宅ローン問題」を解決することが出来る専門性がございます。

当相談窓口の不動産会社は、元ヤクルトスワローズ古田敦也氏のTVCMで御馴染の全国 524店舗(※平成30年6月時点)を展開する“ハウスドゥ!”に加盟しておりますので、全国チェーンならではの、最新の不動産情報、ノウハウを駆使し、債権者との対応、売却活動、引越し代の確保等を 法律の専門家と連携し行います。また、その他にも大手不動産仲介会社や地元密着型の不動産会社にもご協力頂いております。

任意売却を行っている不動産会社でも、「ご自宅を処分するだけ」、債務に関するサポートを行っている弁護士、司法書士事務所でも、「法的手続きを行うだけ」が、対応としてほとんどです。当相談窓口では、弁護士・司法書士・税理士・不動産のスペシャリストが連携し、住宅ローン問題の総合的解決を図りますので、「住宅を売却するだけ」、「法的手続きを行うだけ」のサポートではなく、お悩みの住宅ローン問題を最善の手段で総合的に解決することが出来ます。

 

 

「住宅ローン支払いつもお世話になっております。相談窓口」では、「法律」「住宅ローン債務」「不動産」の専門家によるネットワークを設けておりますので、ご依頼者の方が分野毎に各専門家を探す必要がなく、住宅ローン問題を最適且つ最速で解決することが可能となっております。各専門家が各専門分野において、ご相談から問題解決まで、あなたの代わり、もしくはあなたの支えとなり住宅ローン問題の解決を図ります。

 
 


収入が減り住宅ローンが滞りがちになり、債権者から請求・連絡が入るようになる。そして、住宅ローン返済のために高金利の借入を行う悪循環に陥り、最終的には支払いが困難に。 そして、債権者からは毎日“請求・催促”の連絡が入り、ついには裁判所から“競売通知書”が届く・・・

↓


CM等で気にはなっていたものの、中々相談出来なかった「住宅ローン支払相談窓口」へ意を決して電話を!相談員がお話をお伺いし、その後「当相談窓口」の弁護士と直接お会いすることに。そして、ご相談の結果、正式に受任となる。

↓


弁護士による“受任通知”により毎日行われていた債権者からの請求・催促が止まる。そして、競売を避けるべく全国で524店舗(※平成30年6月時点)を展開するハウスドゥ!に加盟している当相談窓口の不動産会社により「任意売却手続」を早急に行う。引越し代の確保も含め「任意売却」が完了し、あとは住宅ローンの残債務を検討することに。

↓


自己破産だけは何とか避けたいというご本人様のご意向もあり、「任意整理手続」となる。弁護士の「交渉」により残債務の圧縮に成功。ご本人様のご希望どおり「自己破産」を避けることが出来、無事解決に至る。

↓


法律のスペシャリストである弁護士と不動産のスペシャリストの連携により、「任意売却」→ 「引越し代の確保」→「任意整理」→「債務圧縮」→「解決」となる。 ご本人様のご意向、ご希望をお伺いし、各分野の専門家が連携し、最善の解決方法を導く「当相談窓口」だからこそ、「早期売却」が可能となり、「引越し代の確保」も行い、自己破産手続を回避し、債務圧縮を対応させ、任意整理での解決が可能となる!

 

  メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

住宅ローンも含めた借金の総額は、約2800万円(内訳:住宅ローン 約金1400万円・消費者金融・信販会社 約金1400万円)ほどあり、月々の支払額は住宅ローンも含め月約40万円まで膨れ上がる。
返済のために借入を繰り返す自転車操業状態となる。
最終的に、月々の支払いが困難となり当法人へ。
どうしても家は守りたいとの思いから個人再生手続を選択。

結果→ 住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮することにより、住宅ローンを含めた月々の支払いが約16万円まで減額となる。
ご自宅を手放すことなく解決に至る。

 

解決ポイント→ 住宅ローン以外の借金も多額にあり、一時は自己破産も検討となったが、やはり家を守りたい、自宅を手放したくないという思いが強く、個人再生を選択された。個人再生手続により、大幅に債務額を圧縮することが出来、本人の安定した収入も裁判所から認定され、個人再生認可となる。
このケースでは、売却ありきの観点から検討していれば、まず「自宅は売却」、「自己破産」という形になっていた可能性が非常に高い。
ご本人様のお話やご希望に耳を傾け、法律を含めた実務的な観点から検討出来る当相談窓口だからこそ、個人再生手続となり、最終的に自宅を手放すことなく、自己破産することなく、解決が可能となった。

相談解決事例をもっと見る
 

自己破産手続費用  

自己破産(同時廃止)手続費用
債権者数が5社まで金18万9000円(税込み) ※別途裁判所印紙代などの実費がかかります。
※債権者1社追加ごとに金1万500円(税込み)加算となります。

個人再生(小規模個人再生)手続費用

小規模個人再生手続費用
住宅資金特別条項なし 債権者数が5社まで金31万5000円(税込み) 住宅資金特別条項あり 債権者数が5社まで金36万7500円(税込み) ※別途裁判所印紙代などの実費がかかります。 ※債権者1社追加ごとに金1万500円(税込み)加算となります。
※上記費用は、司法書士法人リーセットによる裁判所申立書類作成費用となります。
※事案によっては、ご依頼をお受けできない場合や費用が異なる場合がございます。お気軽に御問い合わせ下さい。

任意売却費用(不動産会社にご依頼の場合)

任意売却費用
売却代金の中から、お支払い頂きますので
直接のご負担はございません。

「住宅ローン支払い相談窓口」は、司法書士法人リーセットが運営する住宅ローンのお支払いでお悩みの方専用の相談窓口です。当相談窓口では、住宅ローン問題における各分野の専門家・スペシャリストが互いに連携し、問題解決を目指し迅速かつ誠実に対応させて頂いております。

費用について詳しくはこちら

当相談窓口は、住宅ローン問題でお悩みの方専用の相談窓口となっております。司法書士法人リーセット(債務に関する解決実績 1万件超)が運営しておりますので、ご安心して住宅ローンを含めた債務に関するお悩みをお気軽にお問い合わせ下さい。司法書士が問題点を検討し、最適な解決方法をご提案させて頂きます。例えば、「ご自宅を売却するべきなのか、否か」、「自己破産すべきなのか、否か」など人生の非常に重要な選択に関し、最善の選択をして頂けますように、住宅ローン問題に関する最新の情報や様々なノウハウを駆使し、多角的に問題の解決方法を探し出します。一つとして同じ案件はございません。各案件毎に、言うなればその解決方法は「オーダーメイド」になります。単純に、「家を売れば解決する」、「自己破産すれば解決する」、そういったものではございません。ご依頼者お一人、お一人のお話をお伺いし、原因の究明から、問題の解決までを行わなければなりません。当相談窓口では、「必ず最善を尽くし、問題を解決する」という覚悟で、そして、業務面では各住宅ローン問題における各専門家が密接に連携し、それぞれの分野にて業務を行い、問題の解決を図ります。

※法律相談は、司法書士法第三条第1項第6号及び第8号に定められた事項に限ります。

住宅ローン支払い相談窓口では、住宅ローン問題に関する ”無料相談会”を実施しております。

・1日限定3組で予約制となっております。
・法律相談は、弁護士・司法書士が、売却相談は全国対応の不動産のスペシャリストが“直接”お話をお伺いします。
・住宅ローン問題に関するご相談は”何度でも無料”です。

 
お問い合わせ・ご相談は無料ですのでお電話もしくはメールにてお気軽にお問い合わせください。
法的サポートは弁護士・司法書士が、売却サポートは全国対応の不動産のスペシャリストが対応いたします。 まずはお気軽にお問い合わせください。
法律相談は、弁護士・司法書士が、売却相談は全国対応の不動産のスペシャリストが“直接”あなたのお話をお伺いします。 事務員対応ではございません。


司法書士法人リーセット

■名古屋事務所
名古屋市中村区名駅三丁目22番8号
大東海ビル6F
TEL:052-485-7702
■大阪事務所
大阪市淀川区宮原四丁目1番9号
新大阪フロントビル9階
TEL:06-6393-2484

対応エリア紹介

■愛知県

名古屋市、愛西市、あま市、安城市、一宮市、犬山市、岩倉市、大府市、岡崎市、尾張旭市、春日井市、刈谷市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、知多市、常滑市、東海市、豊明市、豊田市、長久手市、日進市、半田市、みよし市、弥富市
ほか県全域

■岐阜県

岐阜市、大垣市、可児市、各務原市、多治見市
ほか県全域

■三重県

四日市市、名張市、津市、伊賀市、桑名市、いなべ市、鈴鹿市
ほか県全域

■大阪府

大阪市、豊中市、箕面市、摂津市、池田市、能勢町、豊能町、八尾市、東大阪市、堺市、枚方市、寝屋川市、門真市、交野市、守口市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市、松原市、大東市、四条畷市、吹田市、茨木市、高槻市、島本町、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、貝塚市、岸和田市、熊取町、田尻町、岬町、泉南町、阪南市、太子町、河南町、千早赤阪村、大阪狭山市、泉佐野市
ほか府下全域

■兵庫県

尼崎市、伊丹市、西宮市、神戸市、芦屋市、宝塚市、明石市、川西市、三田市、高砂市、加古川市、姫路市
ほか県全域

■京都府

京都市、宇治市、京田辺市、長岡京市、八幡市
ほか府下全域

■奈良県

奈良市、生駒市、橿原市、香芝市、桜井市、天理市、大和郡山市、大和高田市
ほか県全域

■和歌山県

和歌山市、橋本市、田辺市、新宮市、海南市、岩出町
ほか県全域

■滋賀県

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、近江八幡市、東近江市、高島市、甲賀市、彦根市、長浜市
ほか県全域